COLUMN

コラム

ポテンツァは肌のクレーター改善に効果的?施術を受けるメリットとは

肌のクレーター改善で調べるとよく出てくる「ポテンツァ」

ポテンツァについてよく知らない方は、肌のクレーターに対してどんな効果があるのか気になっているの出ないでしょうか。

今回は、ポテンツァの効果や施術を受けるメリットなどについて紹介します。

ポテンツァは肌のクレーター改善に効果的?

クレーターとは、ニキビの炎症によって肌の表面がへこんでしまった状態のことです。

肌の奥深くまで傷ついている状態であるため、スキンケアなどで改善するのは難しいでしょう。

ポテンツァは肌の表面に小さな穴を開け、高周波で照射し、肌トラブルに合わせた薬剤を浸透させます。

高周波が肌の奥深くにまで届き、コラーゲンやエラスチンの生成を促すため、セルフケアでは改善しにくいクレーターにも効果的です。

クレーターに対するポテンツァの施術方法

肌のクレーターを改善する場合、まず最初にマイクロニードルで肌に小さな穴を開けます。

わざと傷を作ることで、生まれつき備わっている肌の再構築機能を促すことが可能です。

同時に針先に搭載されている高周波で狙った部分を照射し、真皮層へ熱エネルギーを与えます。

これにより、コラーゲンやエラスチンの生成が促され、クレーターで凹んだ部分が改善されます

また、クレーター改善に適した薬剤を投与することで相乗効果が起こり、なめらかな肌へ生まれ変わるでしょう。

施術で使うチップの種類

ポテンツァでクレーターを改善する場合、主にドラックデリバリー機能が備わっているポンピングチップが使われます。

ポンピングチップは、ニードルを施術部分に刺したときに、空気が逃げないように圧をかけるため、針を抜くと同時に空気が押し込まれます。

空気が押し込まれるのを利用して薬剤を入れることで、真皮層まで均一に有効成分が届けられるのが特徴です。

ニードルや高周波の施術をしながら薬剤導入ができるため、効率よくクレーター改善が出来ます。

クレーター改善に適している薬剤

クレーター改善に適している主な薬剤は「マックーム」と「ジュベルック」です。

  マックーム ジュベルック
特徴 ・ポテンツァ専用の薬剤(ポリ乳酸:PLLA)
・線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促す
・糸リフトで使用している素材と成分が同じ
・ヒアルロン酸とポリDL乳酸を組み合わせた薬剤(ポリ乳酸:PDLLA)
・線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促す
・局所注射にも対応している
体内に吸収されるまでの期間 約2年 約1~2年

ポテンツァで導入できる薬剤は、クリニックによって異なります

カウンセリングなどで、クレーターに効果的な薬剤を取り扱っているか事前に確認しましょう。

ポテンツァでクレーターを改善するメリット

ポテンツァでクレーターを改善するメリットは、下の3つです。

  • ダウンタイムや副作用が少ない
  • あらゆるクレーターの改善効果が期待できる
  • 少ない回数で効果を実感しやすい

それぞれについて詳しく紹介します。

ダウンタイムや副作用が少ない

ポテンツァは、針の先に高周波が搭載されています。

高周波は、肌の表面を傷つけるリスクが少ないため、照射した部分に痛みを感じにくいのが特徴です。

また止血作用があるため、ニードルで穴を開けた部分の出血を抑えられます。

施術直後は内出血や赤み、ヒリヒリ感が現れる可能性がありますが、数日から1週間ほどでおさまることが多いです。

ダウンタイムが短いため、施術後に長期間予定を空ける必要がありません。

あらゆるクレーターの改善効果が見込める

クレーターには「ローリング型・ボックス型・アイスピック型」の3タイプがあります。

ローリング型 ・直径4~5mmほどの丸みを帯びた凹み
・ニキビ跡の底が肌の内側とくっついている状態
項目1 ダミーテキストダミーテキスト
ボックス型 ・直角に凹んでいる
・ニキビ跡の底が平坦になっている
・大きなニキビができた時などに起こりやすい
アイスピック型 ・ニキビ跡が小さい、点状になっている
・凹みが皮下組織まで届いている状態

ポテンツァは、狙った部分に高周波を当てたり、薬剤を浸透させたりすることが可能です。

そのため、どんなクレーターでも数回の施術で改善効果が見込めます

少ない回数で効果を実感しやすい

ポテンツァはニードル突きと高周波の照射を同時にできるため、自己治癒しながら肌細胞が活性化します。

併せて、薬剤導入も行うことで相乗効果が起こり、よりクレーターの改善効果が期待できます

1回1回の施術効果が高いため、少ない回数でも満足する結果が得られるでしょう。

ポテンツァとダーマペンの違い

ポテンツァとダーマペンは、どちらも針を使う施術ですが、下のような違いがあります。

  ポテンツァ ダーマペン
施術方法 肌に極細の針を刺し、針先から高周波を照射する 肌に極細の針を刺す
効果 ・ニキビ跡の改善
・毛穴の引き締め
・肝斑の改善
・シワの改善
・くすみの改善
・赤ら顔の改善
・ハリツヤの向上
・ニキビ跡の改善
・毛穴の引き締め
・傷跡の修復
・小じわの改善
・ハリツヤの向上
薬剤の導入方法 極細針を抜くと同時に肌へ浸透させる 極細針で施術部分を刺した後に塗布する
ダウンタイム 数日~1週間ほど 数日~10日ほど

それぞれ施術方法や効果、薬剤の導入方法が異なります。

どちらを受ければいいのか悩んでいる方は、自分の肌悩みに合わせて選びましょう

ポテンツァの施術でよくある質問

ポテンツァを検討している方からは、施術を受ける回数や、クレーターの再発などについて質問を受けることが多いです。

それぞれについて詳しく紹介します。

どれくらい受ければ効果を実感できますか?

ポテンツァでクレーター改善をする場合、4〜6週間ごとに1回のペースで、3回以上受けると効果を実感できます。

ただし、クレーターの状態によって回数が変わります。

  • 浅いクレーター:3~5回
  • 深いクレーター:5~10回

自分の症状は何回受ければ改善できるのか気になる方は、カウンセリングを受けてみるのがオススメです。

施術後にクレーターが再発することはありますか?

ポテンツァで改善したクレーターが元に戻る可能性は、ほとんどありません

ただし、肌トラブルによってニキビができた場合は、クレーターになる可能性があります。

クレーターを再発させないためにも、日頃から丁寧なスキンケアを心がけましょう。

ポテンツァでクレーター改善をしたいならWillbe Clinicにおまかせ!

東京都 銀座にある「Willbe Clinic」では、ポテンツァを使ったクレーター改善を行っています。

カウンセリングで肌の状態を細かく確認し、希望に沿った施術内容を提案することが可能です。

肌のクレーターでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

【まとめ】ポテンツァは肌のクレーター改善に効果的な施術

ポテンツァは、肌の創傷治癒や肌細胞の活性化、コラーゲンの生成を促す作用があるため、クレーター改善に効果的な施術です。

また少ない回数で効果を実感しやすいため、短期間で美肌を手に入れたい方はポテンツァを検討してみてはいかがでしょうか