COLUMN

コラム

ポテンツァには副作用がある?具体的な症状やアフターケアを紹介

ポテンツァは針と高周波で肌の生まれ変わりを促し、ニキビ跡や毛穴の開き、赤ら顔などの改善を目指す治療法です。

ほとんどの肌悩みに対応しているため、多くの美容クリニックで導入されています。

美容治療が初めての方でも受けやすい治療法ですが、副作用が気になる方もいるのではないでしょうか。

今回は、ポテンツァの副作用やアフターケアについて紹介します。

ポテンツァとは

ポテンツァはマイクロニードル(極細針)を肌に刺し、高周波の照射でニキビや毛穴の開き、たるみなど様々な肌悩みを改善する治療法です。

針が細く熱エネルギーが真皮層にピンポイントで照射されるため、施術中や施術後の痛みが抑えられます。

特徴

ポテンツァは肌への負担が少なく、ダウンタイムが短いです。

翌日には化粧が出来るため、人に会う機会が多い人でも気軽に受けられます

また、ポテンツァはマイクロニードルのほかにダイヤモンドチップを使った治療方法があります。

マイクロニードルはニキビ跡や肌のたるみ、肝斑などに対応しています。

薬剤でさらに効果を高めることが可能です。

一方、ダイヤモンドチップは、肌の引き締めや毛穴の開き改善の効果が期待できます。

針がないため、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

効果

  • ポテンツァの効果は下の通りです。
  • ニキビやニキビ跡の改善
  • クレーターの改善
  • 毛穴の開き改善
  • 赤ら顔の改善
  • 肝斑の改善
  • シミやくすみの改善
  • 小じわやたるみの改善

さまざまな効果が期待できるため、複数の肌トラブルを同時に改善できます。

ポテンツァの副作用

ポテンツァの副作用は下の通りです。

  • 赤みや腫れ
  • 内出血
  • かさぶた
  • 炎症後色素沈着

それぞれの症状について詳しく紹介します。

赤みや腫れ

施術直後は肌がやけどしたような状態になるため、表面に赤みが出たり腫れたりする場合があります。

自然に解消されることが多く、数日〜1週間ほどで目立たなくなります。

特に対処する必要はありませんが、気になる場合はクリニックに相談しましょう。

内出血

マイクロニードルで肌に穴を開けた場合、内出血が起こる可能性があります。

ただし、ニードルの先に搭載されている高周波には止血作用があるため、小さな内出血で終わることが多いです。

内出血が気になる場合は、ファンデーションやコンシーラーで隠すのがオススメです。

かさぶた

高周波で肌のターンオーバーを促すため、古い肌がかさぶたとなって表面に現れます。

施術後に肌がザラザラしていたり、剥がれそうな部分がある場合は、かさぶたが出来ている証拠です。

無理やり剥がすと肌が炎症し、色素沈着になる可能性があるため、自然に取れるまで放置しておきましょう

炎症後色素沈着

ポテンツァを受けた後に、シミのようなものが肌に現れる場合があります。

これは炎症後色素沈着と呼ばれており、メラニンが過剰に反応して起こる症状です。

施術直後は一時的に肌のバリア機能が低下しており、刺激を受けやすくなっています。

紫外線や肌の摩擦でメラニンが生成されやすくなっているため、アフターケアで対処することが大切です。

ポテンツァのダウンタイム期間

ポテンツァのダウンタイムは、数日〜1週間ほどです。

健康な肌への負担が軽減されているため、短い期間でダウンタイムが終わります

ポテンツァの副作用が出ている時の過ごし方

ポテンツァの副作用が出ている時は、下の内容に気を付けて過ごしましょう。

  • 血行を促す行為は控える
  • 日焼け対策をする
  • 肌を刺激しない

ダウンタイム中に気を付けると、副作用の症状が解消しやすくなり、効果を早く実感できるようになります。

血行を促す行為は控える

内出血や赤み、痛みなどが出ている場合は、毛細血管が傷ついている可能性が高いです。

毛細血管は自然と修復しますが、血行が良くなると傷がふさがりにくくなり、副作用が長引きます。

長風呂や激しい運動、飲酒などは血行を促しやすいため、控えるようにしましょう。

サウナや岩盤浴も血液のめぐりがよくなるため、ダウンタイム中はオススメできません。

日焼け対策をする

紫外線は施術後の肌に大きなダメージを与えるため、対策する必要があります。

外出するときは日焼け止めや日傘、帽子などを活用して、紫外線を浴びないようにしましょう。

また、移動するときは直射日光が当たらない日陰を通るなど工夫が大切です。

普段浴びている紫外線は窓やカーテンを貫通するため、家で過ごす場合も、しっかり日焼け止めを塗ってください。

肌を刺激しない

施術後の肌は刺激を受けやすいため、外の空気や花粉、ほこりなどが触れるだけでも副作用の症状が悪化するリスクがあります。

刺激を受けやすい肌は乾燥していることが多いため、洗顔をしてすぐに保湿したり、日中もこまめに保湿したりしましょう。

また、施術部分を必要以上に触らないようにするだけでも副作用が落ち着きます。

美容医療で肌悩みを改善したいならWillbe Clinicへ

銀座駅から徒歩5分の場所にあるWillbe Clinicでは、ニキビや毛穴の開き、肌のたるみなどの治療を行っています。

肌の症状に対応した医療機器や医薬品が豊富にそろっているため、オーダーメイドの施術が可能です。

カウンセリングは無料で行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【まとめ】ポテンツァを受けると一時的に副作用が出る場合がある

ポテンツァは、赤みや腫れ、内出血などの副作用が起こる場合があります。

ただし、ダウンタイムが1週間ほどで終わるため、生活に影響が出るほどではありません。

ダウンタイム期間中は、血行を促す行動を避け、保湿・日焼け対策を徹底しましょう。